27

コンテンツSEOの記事代行サービスを利用するメリットとは?

2021.09.30

新型コロナウイルスの影響で、EC(通販)で買い物をする人がさらに増えました。

Amazonや楽天市場で物を購入する人が増え、その波に乗って自分でD2Cブランドを立ち上げるという人もとても増えてきています。

また、アフィリエイト事業としてブログを自分で立ち上げる人も多いです。

つまり、ウェブマーケティングの重要性や需要が非常に伸びてきています。

ウェブマーケティングといえば、やはりコンテンツSEOは大きな集客基盤です。

そのほかにもSNSマーケティングであったり、メディアや広告を活用した集客及び宣伝方法もありますが、長期的に継続して効果が出やすいのはやはりコンテンツSEOです。

長期目線で集客やビジネスを考えるなら、コンテンツSEOは注力するべきでしょう。

そこでこの記事では、コンテンツSEOの記事代行サービスに関して、その内容や特徴、活用するメリットなどを網羅的に解説します。

加えてサービスを利用する際の注意点や、「ウェブマーケティング会社」や「クラウドソーシング」の違いなども解説していきます。

ぜひこの記事を参考にしていただき、費用対効果を考えながら依頼先を検討してみることをおすすめします。

そもそもコンテンツSEOの記事代行サービスとは?どんなことをしてくれるの?

自身もしくは自社でコンテンツSEO記事の作成をする際、さまざまな課題があるかと思います。

コンテンツ記事作成を行うスキルや知識の不足、時間が十分確保できないなどがよくある悩みです。

そんな方や企業におすすめなのが、コンテンツ記事作成を請け負ってくれる記事代行サービスです。

記事代行サービスでは、自身(自社)で作成することが難しい専門性の高いコンテンツ記事や体験談などの量産ができ、コンスタントに質の高い記事を納品してくれます。

当然、代行業者(ウェブマーケティング会社など)はSEOのプロフェッショナルであり、経験も豊富です。

また、予算に応じて柔軟に納品する記事の本数は調整してくれます。

自身や自社にSEOについての知識がない場合は、SEO対策に慣れている代行業者に依頼する方が賢明でしょう。

ではさらに具体的に、コンテンツSEOの記事代行サービスでは一体どういった対策を行ってもらえるのか具体的に解説してきます。

企業や個人のKPIやゴールの達成にコンテンツ記事を活用してSEO評価向上に貢献する

少し見出しを難しく書きましたが、要するに企業や個人のPR、商品やサービスのPR、ウェブサイトへのアクセス増加のためにSEO対策を行うということです。

読者にとって有益な情報が書かれたコンテンツ記事を作り、こういったアクセス増加に貢献します。

結果を求める企業や個人が設定するKPIやゴールは、単純なアクセス数の増加などではありません。

例えば商品やサービスの購入者の増加であったり、新規の採用獲得であったり、アクセス獲得からのその先がゴールです。

これらのゴールを成し遂げるためにSEOの評価を向上させ、検索結果上位を目指すことがSEOの記事代行サービス(業者)が目指すところです。

アクセスを向上させたい、コンバージョン率を高めたいサイト上で実際に効果的な施策を提案する

上述した商品やサービスの購入者の増加や新規の採用獲得に加え、売上UPや問い合わせ増も、SEO対策(コンテンツSEO対策)が目指すところです。

これらは一般的にコンバージョン(CV)と言われ、このコンバージョンの率を高めることが記事代行サービス(業者)が目指すところです。

このゴールを達成するために、どんな記事が効果が出そうか、どんな施策を行うと良さそうかなどを過去の実績や知見などを活用してクライアントに提案します。

クライアントの業界によって行う施策は基本的に変わってくるため、都度そのクライアントやウェブサイトなどに最も効果的な施策を実施します。

PDCA(継続的な業務の改善)サイクルを回して常に最善なSEO対策を実施する

SEO対策(コンテンツ記事の作成)は、一発で上位表示を取れるということはほぼありません。(*上位表示を狙うキーワードの需要が大きい場合)

そのため、施策を行って分析し、改善し、再度分析、その後さらに改善...と、結果が出るまでPDCAサイクルを順位検索ツールを活用しながら回します。

コンテンツ記事の制作自体は難しくありませんが、このPDCAサイクルを素早く回し、素早く結果に繋げることが最も重要なプロセスです。

これらは自分で行うのは難易度が高く、記事代行サービス(業者)が得意とするところなので、後述しますがサービスの大きなメリットでもあると言えます。

SEOのみに絞らず、ウェブマーケティング全般のアドバイスも行いながらマーケティング施策を考える

記事代行サービスとは言え、それを行う業者はウェブマーケティングを専業とする会社であることが多いです。

つまり、SEO対策のみならず、その他のウェブマーケティング施策も実行できる場合が多いということです。

そのため、業者によっては包括的に企業や個人のマーケティング活動をサポートしてくれます。

SEOのみに絞って対策を行うことはリスクもありますので、こういった包括的かつ専門的なアドバイスを受けられるということも、記事代行サービスを利用する上でのポイントになってきます。

コンテンツSEOの記事代行サービス依頼先は主に2種類。その料金相場は?

そもそもコンテンツSEOの記事代行サービスではどんな施策を行ってくれるのか解説しました。

では次に、気になる具体的な料金相場を解説していきます。

記事代行サービスは、一般的に「ウェブマーケティング会社」や「クラウドソーシング」などを利用して依頼できます。

こちらでは上記2種類の依頼先について、それぞれの特徴を解説していきたいと思います。

ウェブマーケティング会社へコンテンツSEOの記事代行を依頼する(料金相場は文字単価7~10円)

コンテンツSEOの記事代行は、ウェブマーケティング会社へ依頼するのが最も王道となります。

ウェブマーケティング会社は社内もしくは社外に多くのライターを抱えており、SEO対策を行った記事作成サービスを提供しています。

ウェブマーケティング会社はほとんどの場合ライターに細かく指示を出すディレクターがいて、記事の品質管理はもちろん、納期のスケジュール管理や効果検証、記事の詳細な設計などのディレクション業務を行っています。

そのため発注者の手間を大幅に省くことができますし、非常に品質の高い記事を納品してくれます。

ただ、ウェブマーケティング会社は品質が高く人手も多いため、この後に紹介するクラウドソーシングを利用する場合よりは料金が比較的高額になってしまいます。

ウェブマーケティング会社への相場料金は、おおよそ文字単価7~10円が一般的と言われています。

コンテンツ記事は3,000文字前後のものが多いので、3,000文字×7~10円=21,000~30,000円/記事がおおよその目安です。

そのため料金面だけで見ると、ウェブマーケティング会社へ記事作成代行を依頼する際はデメリットとなります。

しかし、長期的な集客基盤を作っていくことを考えれば、ケチらずに品質の高い記事をあげていくことが重要です。

また、ウェブマーケティング会社はSEOのプロフェッショナルとして、常にSEOの動向をウォッチしており、しっかりと時代の流れに合わせて納品してくれることも大きなポイントです。

しかし同時に依頼先を決める際の注意点もありますので、そちらは後述します。

クラウドソーシングでコンテンツSEOの記事代行を依頼する(料金相場は文字単価0.5~5円)

クラウドソーシングとは、ウェブサイトなどのプラットフォーム上で個人や企業同士が業務の発注および受注ができるサービスです。

会社員や主婦の副業として仕事の受注をしている方も近年増えてきています。

コンテンツSEOの記事代行も、実はクラウドソーシングを活用すれば依頼ができます。

フリーランスのライターもたくさん登録しているので、ウェブマーケティング会社などを通す必要がなく、ライターへ直接発注できるのがクラウドソーシングの大きなメリットです。

また、クラウドソーシングによる記事代行の特徴として、料金が比較的安く、ライターへの要望や指示出しなどを直接細かく行えるというものがあります。

クラウドソーシングを活用してコンテンツ記事をライターに書いてもらう場合の相場料金は、おおよそ文字単価0.5~5円が一般的です。

それよりも安い文字単価0.1円という案件も多く、ウェブマーケティング会社へ依頼するよりもはるかに安く依頼は可能です。

つまり、コストをあまりかけることなく、比較的スピーディーに仕事の依頼ができるので、これがクラウドソーシングの大きなメリットです。

しかしデメリットも多く、個々のライターのスキルや経験に差があり、記事の品質にバラつきが起きやすく、納期を守らないライターも多かったりします。

連絡が突然取れなくなってゼロからやり直しが必要になることもあったりするので、品質や納期を重視する方にはあまりおすすめの方法ではありません。

とにかくコストをかけずに記事を量産し、品質に問題があれば自身や自社でリライト対応するか、発注の際にできるだけ細かく指示を出して品質を担保させることができれば効率はアップするでしょう。

コンテンツSEOの記事代行サービスを利用する大きなメリットとは?

それでは本題となる、コンテンツSEOの記事代行サービスを利用するメリットについて解説していきます。

結論、効率良く、素早く結果を出したい方はコンテンツSEOは代行するべきです。

しっかりとこれから解説する内容を頭に入れていただき、最短ルートで結果を出す方法をインプットしてください。

短期間で大量のコンテンツを作成できる

まず記事代行をする上での一番のメリットがこれです。

商品やサービスを販売している企業はもちろん、個人でブログを運営し収益化を目指している方も皆さん時間は限られています。

たしかに記事代行を依頼すると費用はかかりますが、短期間で大量のコンテンツを作成することができるので、あなたの会社やブログのドメインが短期間で強化されます。

1日1記事、毎月30記事を自ら書く時間を削減し、それを代行することで、それよりも重要な他のことへフォーカスができます。

また、最初は費用はかかりますが、書いてもらった記事はあなたの半永久的な資産となり、将来その資産から多くの収益が生まれていくことになります。

そう考えると、投資回収までの期間はかかっても、事業の収益化が早まるのであればそれが最も効率良く短期間で結果を出せる方法です。

お金をかけない=最善の策ではないことをしっかり理解しておきましょう。

専門スキルを持ったライターに品質の高い記事を書いてもらえる

記事代行を依頼しないで自社や自分で記事を管理する場合、自らライターさんを確保する必要があります。

もしくは自ら全て対応する必要があります。

しかし記事代行サービスを使えば、すでに品質の高い専門スキルを持ったライターに記事を書いてもらえます。

業種業態によっては言葉の使い回しに注意が必要で、薬機法や広告表現にも気を遣う必要があります。

「世界一」「日本一」「ナンバーワン」「効果あり」「効能あり」などの言葉も根拠なく使えませんし、注意が必要です。

また、ライターを管理する工数も大変であり、ライティングは管理も含めると想像以上に手間がかかる作業です。

専門スキルを持ったライターさんを抱える代行サービスを活用することで、そういったリスクや手間は減らすことができます。

専門知識を自分で勉強する必要もありません。

これも、代行サービスを活用する際の大きなメリットでしょう。

SEOのトレンドや流れをしっかり押さえてもらえる

SEOは日々アップデートが繰り返されており、昨日上位表示されていた記事が明日には急落なんてこともよくあります。

SEOにはトレンドや流れがあり、その都度適切な対応を取っていくことがコンバージョンを獲得する上で重要です。

特にウェブマーケティング会社はSEOのプロフェッショナルであるため、常にSEOに対してアンテナを張っています。

優秀なウェブマーケティング会社を選べば、このトレンドをしっかり押さえながら記事を納品してくれるので、やはり効率良く素早く結果が出やすいです。

「魅せ方」もよくわかっています。

このSEOトレンドを自ら追うには、日々SEO業界の動向を把握しておく必要があり、本業ではない場合これは至難の技です。

プロに依頼しながら、自分もその知識を同時にインプットしていくのが最も賢い選択かもしれませんね。

後々自分や自社で記事を作成する際の教科書的なコンテンツが手に入る

この記事で、「効率良く」と説明する理由はここにもあります。

記事代行サービスを利用すれば、最新のSEO対策を知るチャンスがあるので、最終的には自分や自社内で完結させたい場合、代行業者からSEOのポイントを伺うのも良いかもしれません。

納品してもらったコンテンツはいわばSEOの教科書であり、しっかり分析を行えばある程度は自ら応用することも可能でしょう。

そういった意味でも、まずはプロに依頼するのがおすすめです。

コンテンツSEOの記事代行サービスを利用する際の注意点。大手企業なら安心は間違い?

最後に、記事代行サービスを利用する際の注意点も併せて解説しておきます。

記事代行業者は、記事作成実績やサンプル記事など、これまでの内容を確認して選ぶようにしましょう。

しっかりとした実績があれば、安心です。

また、その際はこちら側が依頼したい内容と同じか類似したものの実績があると尚良いです。

さらにもう一つ、リライトがどこまで可能か、発注可能な記事数、納品のスケジュールなど、品質以外のところもしっかり確認し、依頼するようにしましょう。

これらを気をつけていれば、しっかりとした業者を選定することができるはずです。

「大手のウェブマーケティング会社なら安心だろう」という考えも危険です。

実は大手になればなるほど、コスパが非常に悪くなる可能性もあります。

大手のウェブマーケティング会社は数多くの案件をこなすため、専門知識を持たない一般的なライターをアサインして記事を納品することが多くあります。

それ自体は悪いことではなく、品質も悪くはないです。

しかし、ネットで調べてインプットできる情報を綺麗にまとめた、いわゆる"当たり障りない無難な記事"が納品されることになり、独自性の高いオリジナルコンテンツにはなりづらいのです。

実はGoogleはオリジナル性(独自性)の強いコンテンツをより評価し、上位表示させるようになっています。

そのため、"当たり障りない無難な記事"では圧倒的な成果は出せません。

これはSEOに関して知識を持たないクライアント様がよく引き起こしてしまう勿体ない事象であり、大手は実はコスパが悪い可能性があるということもしっかり認識しておきましょう。

ODiMAなら、大手よりも安く専門性の高い記事の納品が可能です。弊社実績も一部公開!

弊社、株式会社ODiMAは中小ウェブマーケティング企業です。

元々はスポーツ関連の大きなウェブメディアを個人で運営しており、その知見から様々な企業へSEOのコンサルティングを行なっていた代表が起業しました。

ウェブメディアを運用していた頃から優秀なライターを自社で抱えており、弊社のライターは業者が利用するようなSEO専門ツールやGoogleの各種ツールも使いこなせるほど、SEOの知見をしっかり持っているライターです。

料金も大手ウェブマーケティングよりは安価に、質(専門性)の高い記事の納品が可能です。

下記は、公開可能な弊社の一部実績になります。※Google検索経由でウェブサイトに訪問したユーザー数の推移

東京都内の某有名美容室

こちらは、弊社起業前からもクライアントとしてコンサルをさせて頂いている東京都内の某有名美容室のウェブサイトに訪問したユーザー数の推移です。

SEO対策を施したコンテンツを定期的に発信し、ほぼ0だったアクセスが多い日では1日に1万人を超えるユーザーがアクセスするようになりました。

当然しっかりとコンバージョンにも繋がっており、クライアント様の売上UPに大きく貢献できました。

競合がとにかく多い美容業界でこの成果を出せたことは弊社の大きな強みです。

不動産業界(賃貸管理事業者)

こちらは、最近コンサルに入ってSEOコンテンツを納品している、賃貸管理事業を展開するクライアント様です。

このクライアント様も、ほぼ0だったアクセスが一貫して毎日数百人の方がアクセスするまでにGoogleで上位表示されるようになりました。

上記した美容室に比べて1日あたりのアクセスは少ないですが、これはそもそも上位表示を狙っている検索キーワードのボリュームの違いであり、しっかりとこちらのクライアント様の売上もSEO効果で上がっています。

大事なのはどれだけアクセスを獲得したかではなく、どれだけコンバージョン(成約)に繋がったかが大事であり、弊社はそこにコミットしていくウェブマーケティング会社です。

美容室や不動産関連のみではなく、その他にも自動車業界や美容業界、婚活業界など大小様々な企業および個人様のSEOコンテンツ記事作成代行を行なっています。

気になる方はぜひお気軽にまずはお問い合わせいただき、ご予算などをヒアリングしながらお話しできればと思います。

まとめ

以上、コンテンツSEOとはそもそも何なのかという基礎解説から、記事代行サービスを利用する際のメリット、注意点、業者の種類などについて解説しました。

重要なポイントをまとめると、

・記事代行サービスは、一般的に「ウェブマーケティング会社」と「クラウドソーシング」に分けられる

・それぞれにメリット・デメリットがある

・記事代行サービスを利用すると、短期間で大量のコンテンツを作成できる

・記事代行サービスを利用すると、専門スキルを持ったライターに品質の高い記事を書いてもらえる

・記事代行サービスを利用すると、SEOのトレンドや流れをしっかり押さえてもらえる

・記事代行サービスを利用すると、後々自分や自社で記事を作成する際の教科書的なコンテンツが手に入る

・記事代行サービス利用の注意点は、過去の実績を確認すること、品質以外の対応力も確認すること

・大手ウェブマーケティング会社はコスパが悪い可能性があるので、独自性の高いコンテンツを作成したい場合はよく考えて依頼すること

・弊社ODiMAはクライアント様の売上UP(結果)にコミットするウェブマーケティング会社であること

以上です。

とにかく効率良く、素早く結果を出したい方はコンテンツSEOは代行するべきです。

プロのスキルを活用しながら、最短ルートでゴールを目指してください。

PAGE TOP