23

SEOのキーワード選定に本当に役立つ無料ツール3選

2021.08.10

コンテンツSEOを続けていると、キーワード選定に行き詰まることってありますよね。

ネタがない…思いつかない…

そんな時に頼りたいのが、SEOのキーワード選定に役立つ無料ツールです。

世の中には、キーワード選定から順位計測まで多くのSEOツールがあります。

本格的なデータ計測や分析ができる有料SEOツールは勿論高機能で良いのですが、月額数万円はコストがかかり過ぎる…

できればコンテンツSEOの入口であるキーワード選定には、コストをかけたくないものです。

そこで「無料」にこだわって、本当に使いやすく役立つSEOキーワード選定ツールを3つご紹介します。

SEOでキーワード選定が重要な理由については、下記の記事をご参考ください。

→【超重要】SEOで評価される検索キーワードの選び方

【検索ボリュームを調べる】SEOキーワード無料ツール

コンテンツSEOのキーワード選定で重要なのが、検索ボリュームです。

月間検索数が10,000以上あるようなビッグキーワードで、Google検索上位に表示されるコンテンツを作るのは理想的ですが。

まず月間検索数が1,000〜10,000未満のミドルキーワード、100〜1,000のスモールキーワードで検索上位を狙うのが現実的です。

月間検索数が少ないミドルやスモールキーワードでも、コツコツ検索上位をとっていけば、いずれビッグキーワードで検索上位に入ってくる可能性が高まります。

例えば「SEO」の単一キーワードだと月間検索数は20,000以上ありますが。

「SEO キーワード」の複合キーワードだと月間検索数は1,200、さらに「SEO キーワード ツール」だと200にまで絞られます。

「SEO ○○」のミドルやスモールキーワードで検索上位をとるコンテンツが多くなれば、いずれそのサイト自体が「SEO」という検索ワードに強いサイトだとGoogleに認識され、「SEO」単一キーワードでもコンテンツが上位表示されやすくなります。

SEOのキーワード選定に、検索ボリュームを調べる無料ツールは欠かせないのです。

aramakijake.jp

出典:aramakijake.jp

調べたいキーワードの、Yahoo!とGoogoleの月間検索数を表示してくれる無料ツール。

検索数の結果画面には、他のキーワードとの組み合わせ候補も表示されます。

使い方も目的もシンプルで、利用回数制限などもないので非常におすすめです。

【関連(サジェスト)キーワードを調べる】SEOキーワード無料ツール

関連キーワード(=サジェストキーワード)は、SEOのキーワード選定の精度を高める重要な要素。

関連キーワードには、「SEO」というキーワードでGoogle検索をする人が、SEOの何について知りたがっているのかニーズを絞り込む役割があります。

例えば同じ「SEO」キーワードでも、「SEO 検索順位」と「SEO 対策費用」で検索する人は、知りたい事柄が違いますよね。

また関連キーワードを組み合わせることで、検索ボリュームを絞り、狙うターゲットを明確化することもできます。

▼SEOにおけるサジェストキーワードの重要性について詳しくはこちら

→SEO検索順位を上げる方法はサジェストキーワードにあり

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツールβ版)

出典:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連キーワード(サジェストキーワード)を調べる無料ツールです。

関連キーワードは、特定のキーワードと一緒に検索されることが多いキーワードのこと。

例えば「SEO」の関連キーワードには、「意味」「対策」「成功」「対策費用」などがあります。

関連キーワードを調べることで、コンテンツに盛り込むべき内容やターゲット層を絞り込むことができます。

ラッコキーワードでは多くの関連キーワードが表示されますが、「キーワード+(スペース)」欄の関連キーワードは比較的検索ボリュームも多いので、コンテンツ作りの参考にするのがおすすめです。

出典:ラッコキーワード

【出現率をチェックする】SEOキーワード無料ツール

昔ほど重要ではなくなったと言われていますが、コンテンツSEOにおいてキーワードの出現率チェックはやはり一定の効果があります。

「SEO キーワード」についてのコンテンツを書いているのに、「SEO」や「キーワード」という単語がコンテンツ内にあまり出てこなければ、Googleに正しく認知されない可能性もあります。

なかなかコンテンツの順位が上がらなかったり、Googleにそもそもインデックスされない時は、キーワード出現率をチェックしてみましょう。

ファンキーレイティング

出典:ファンキーレイティング

URLやテキストを入力するだけで、キーワードの出現数と出現率がわかる無料ツール。

公開後のコンテンツであればURLを、下書き中のコンテンツであれば、テキストのコピペでキーワードの出現率チェックができます。

出現率を調べてくれるキーワードは20位まで。

例えば 「SEO検索順位を上げる方法はサジェストキーワードにあり」 という記事のキーワード出現率を調べた結果は下図の通り。

出典:ファンキーレイティング

「SEO」「キーワード」というワードが1位と2位に入っていますね。

この記事では「SEO サジェストキーワード」で狙いにいっているので、5位の「サジェスト」というキーワードをもう少し増やしたいところです。

文章がおかしくなるほど無理にキーワードを詰める必要はないのですが、「サジェスト」という単語を意識的に使うことでSEO効果が上がる可能性はあります。

狙うキーワードが、出現率チェックで1~3位以内に入っていれば安心でしょう。

まとめ

SEOのキーワード選定で、本当に役立つ無料ツールを3つご紹介しました。

「aramakijake.jp」でキーワードのボリューム検索数を調べ。

「ラッコキーワード」で関連キーワードを調べ、コンテンツ内容やターゲットのニーズを絞り込み。

「ファンキーレイティング」でコンテンツ内のキーワード出現率をチェックする。

シンプルですが、狙うキーワードとターゲットのニーズを明確にし、検索上位に表示させるためのSEO対策の基本が詰まった3ステップです。

SEOのキーワード選定やコンテンツ内容の組み立て方に悩んでいる人は、ぜひご紹介した無料ツールで、シンプルなSEO対策の基本を試してみてください。

PAGE TOP